投稿日:

事前に理解しておくべきカジノの構成

オンラインカジノは、本当に楽しく魅力的なものです。
ただし、一歩間違えると大変なことになるのも事実です。
そのため、オンラインカジノを安全に楽しんで頂くために、これからお話しすることについて知っておいてほしいと思います。

オンラインカジノの仕組みについて

オンラインカジノの仕組みについて

初めに一言言っておきたいのが、オンラインカジノは合法であるということです。
日本ではカジノは違法ですが、ラスベガスなど海外では合法としてカジノが行われています。
それと同じくオンラインカジノも合法なのです。

オンラインカジノを運営するためには必ずライセンスを取得する必要があります。
イギリスなど各国でオンラインカジノのライセンスは発行されています。
そのライセンスを取得し運営しているオンラインカジノのみ合法となります。

また、オンラインカジノは単体で運営されているものではありません。
オンラインカジノは、オンラインカジノを運営している企業をはじめ、ソフトウエア会社・決済会社・政府や監査機関がかかわり運営しているものとなります。
オンラインカジノの場合、運営会社とプレイヤーとのやり取りだけのように思われがちですが、いくつもの企業が間に入っており、そのことによって安全性が保たれていると言えるのです。

優良なオンラインカジノの見分け方は?

優良なオンラインカジノの見分け方は

オンラインカジノを選ぶうえで重要なポイントは、ライセンスを取得しているかどうかということです。
このことがオンラインカジノを選ぶ上で、最も大切なポイントになります。

ただし、オンラインカジノのライセンスを発行している国の数は非常に多く、実際のところ、すべての国のライセンス取得条件が同じというわけではありません。
そのため、審査基準が甘めに設定されている国もあり、そういった国のライセンスを取得し運営しているオンラインカジノの場合、必ずしも優良であるかは言い切ることはできません。
だからこそ、ライセンスを確認する際は必ずどの国のライセンスを取得しているのか?という点までしっかりと確認する必要があります。

その上で、監査機関が入っているかという点を確認してください。
監査機関とは、「オンラインカジノが公正に運営されているか」を定期的に確認する第三者組織となります。
こういった機関によって定期的に審査されているということは、公平なカジノを行っている証となり、信頼できる優良なオンラインカジノとなります。

最後に、支払い実績の確認を行ってください。
支払いが少しでも遅れているようなオンラインカジノは要注意のオンラインカジノです。
そのため、支払い実績を確認し不安要素があれば利用しない方が賢明です。

オンラインカジノの入出金方法について

オンラインカジノの入出金方法については、初めは複雑に思われるかもしれません。
実際の日本国内の公営ギャンブルのようにすべて円で取引することができず、入出金は海外の決済会社が行うものとなります。
そのため、日本の銀行口座のみで行うことは難しく、基本的に電子決算サービスを利用し入出金を行います。
そうすることで、手数料を抑えることができるだけではなく、スピーディーに入金・出金を行うことが可能になります。

電子決算サービスの口座を開設する際は、基本的に費用は掛かりません。
そのため、負担なく解説することができるため、オンラインカジノを楽しむ際は迷わず、電子決算サービスを利用することをおすすめします。

オンラインカジノは勝ちやすいのか?

オンラインカジノは勝ちやすいのか

「オンラインカジノは勝ちやすいのか?」と聞かれたら、間違いなく、競馬や競輪・パチンコやパチスロといった日本の公営ギャンブルよりも勝ちやすい!と言えると思われます。
そう言われると、それはそれで、「大丈夫なのか?」と不安になってしまうかもしれません。

しかし、オンラインカジノが勝ちやすいと言えるには、明確な理由があります。
それは、人件費など経費を最小限に抑えることができるからです。

オンラインカジノの場合、実店舗は存在しません。
すべて、オンライン上で行います。
その結果、店舗にかかる費用も不要となり、人件費も最小限に抑えることが可能です。

また、オンラインカジノは世界中の人々が楽しむギャンブルです。
もちろん、実店舗がないため、店舗のキャパなど考えず楽しむことができ、その結果、利益を多く利用者に還元することが可能になり、勝ちやすい仕組みになっていると言えるのです。

オンラインカジノの勝利金と税金

オンラインカジノの勝利金は、電子決算サービスを利用し、銀行口座に振り込まれる仕組みとなります。
ということは、入金記録が明確だということです。
そのため、税金逃れをすることは難しく、オンラインカジノの場合、一時所得または雑所得で申告する必要があります。
証拠が残ることを考え、税務署が見逃さないことを踏まえ、必ず確定申告することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です